calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

汐見ガーデン

0
    梅雨の晴れ間の午後
    当館から車で5分のI氏宅の汐見ガーデンにお邪魔しました




    自生のゆりが見頃です



    お庭はよく手入れがされていて見る人を楽しませてくれます



    ( ´艸`)



    (⋈◍>◡<◍)。✧♡



    最近、保育園児が見学に見えたようです



    ここで園児達は大はしゃぎだったそうです
    大人の私でも気持ちが高揚するようなお庭です




    主のI氏が御親切にお庭を案内して下さいました



    そしてお庭から見えるのは船越の入り江と龍仙山
    この地区の人達は元日にはこの山に登り初日の出を見ます
    本日は有難うございました
    また、お邪魔します。

     

    コメント
    しんしんって隣町からとおなじ人物です。
    管理人さんがアンディなのでおなじように外国の、それも中国っぽい名前を考えてみました。
    中国語で「星」は「星星」だそうで(間違っていたら困る)、読みは「しんしん」。
    nameにそれを使うことにしました。

    汐見ガーデン、初耳でして、Googleで調べてみたところ、五ヶ所湾物語が表示されました。
    いくらかサイトの雰囲気が変化していましたが、五ヶ所湾物語は数年前にアクセスしていました。
    記憶に残っていた記事は、南勢町にある別荘地が伊勢志摩国立公園の外縁にあって、公園内から場所をすこし外すことで建ぺい率等で規制が緩くなる、確かそんな内容の記事があったと思います。
    そういうことなのか、なるほどと思いました。
    記事には続いて、移住先として、別荘地を選ぶか、五カ所の町中を選ぶかのような話が書かれていたと記憶しているのですが、田舎生まれの田舎育ちのくせに田舎生活に憧れている(都会暮らしが絶対ダメな)ぼくにはとてもおもしろいサイトでした。

    五カ所のスーパーで買い物をしていると、若い中国人女性の中国語が聞こえてきたり、インドのサリー姿の女性と出会ったり(数年前)、白人男性もいれば褐色(黒)の肌の男性も見かけたり(ごく最近)、松阪以北のスーパーなら外国人は珍しくないどうってことのない光景ですが、やはり南勢町ではちょっと驚かされてしまいます。
    • しんしん
    • 2016/06/08 12:14 AM
    しんしんさん
    こんにちは、いつもありがとうございます。
    しんしんさんが数年前に見かけたサリー姿の女性は
    当館に宿泊されていたインドネシアの人かもしれません、外出するとき、男性は普通の服装ですが、女性は
    顔と手しか見えない民族衣装です。
    またいろいろ教えてください。
    • アンディ
    • 2016/06/11 9:15 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック